Logcabin LODGE-CHOUBEI(Mt.DAIBOSATSU) Direct phone 090-3149-0964 Contact office 0553-33-4641
ページタイトル
登山届を提出しましょう
日本山岳ガイド協会が運営する「コンパス」というサイトから、当山域の場合は山梨県警察にオンラインで提出出来ますのでご活用下さい。
尚、コンパスで登山届をする場合は「ご入山の前日」までに提出頂くことを推奨しておりますのでよろしくお願いいたします。

もちろん、従来通り入山時に登山計画書を提出して頂いても構いません。

当山域の状況
大菩薩峠周辺をはじめ当山域は各ルート共そろそろ凍結や積雪のおそれがあるので滑り止めをご準備下さい。(下記参照)
詳しくはお電話でお問合せ下さい。090-3149-0964

当山域は、晴天時でも主に乾いた強い西風が吹いていることが多く、気温や天候により状況が大きく変化しますので充分お気をつけ下さい。

山岳地域は気温や天候により状況が大きく変化しますので充分お気をつけ下さい。
尚、突然の雷雨など急激な天候悪化の兆候は必ず現れます。それを見逃さず早めに対応されますようお願いします。

写真:大菩薩峠 写真:積雪期の大菩薩嶺
※掲載の写真は現状とは限りません。詳細はお問合せ下さい。

MEMO
当山域は比較的登り易いと言われている大菩薩峠でさえ標高2000m近い高山で、そろそろ冬山モードに入りますから、ハイキング気分ではなく、防寒にご配慮され登山装備(下記参照)をご準備下さい。
尚、下記には部分的にスリップしやすい箇所や急斜面があるので充分ご注意下さい。

:千石茶屋先の登山道取付点付近
:主尾根の一部
:唐松尾根の上部
:大菩薩峠−石丸峠−小屋平
:丸川峠−丸川峠分岐
:大菩薩嶺−丸川峠

よくお問合せのあるコースタイムは登山道の状況だけでなく体力や経験などによって大きく異なるので予測は大変困難ですし「秋の日はつるべ落とし」です。
特に、冬至までは1年で最も日が短い時期ですので、夏山以上に時間に余裕のある計画でお出かけ下さい。

※秋の日はつるべ落とし※
この時期の夕日は沈み始めるとあっという間に落ちてしまうということ。これは下界の生活でも感じますよね。

12月上旬〜中旬の当山域で有効な装備の例
:服装
アンダーウエアー、シャツ、ボトム共にいわゆるスリーシーズン用のものでも構いませんが、防寒に充分ご配慮下さい。
朝夕や日向と日陰などの状況の違いで気温差が激しい場合がありますので、ハーフパンツや山スカートはあまりお奨め出来ません。

:皮革の軽登山靴か防水性の良いハイカットのトレッキングシューズ ※1
:防寒具(フリースジャケットや薄手のダウンジャケットなど)
:手袋、帽子 ※2 ※3
:透湿性防水素材(ゴアテックス他)のセパレートタイプの登山用雨具 ※4 ※5
:ザックカバー(必需品です)
:折りたたみ傘(風がなく弱雨ならザックカバーとの併用で快適。登山用雨具もお忘れなく)
:スパッツ(ゲーターのこと。冬山でも使えるタイプを) ※6
:サングラス(非常に強い日差しの場合必要になることもあります)
:ヘッドライト(日帰りでも必ず携行して下さい。電池残量の確認をお忘れなく)
:ストック(必需品ではありませんがあると便利)
:タオルや日本手ぬぐい(少し多めに)
:日焼け止め(山の紫外線は予想以上に強いです。お肌に合った製品を)
:レスキューシート(ツエルトでもOK) ※7
:滑り止め(軽アイゼンよりチェーンスパイクを強くお奨めします) ※8

※1 スニーカーやトレランシューズはお奨め出来ません
※2 手袋は滑り止め付きの軍手でもOK。帽子は何でも構いませんが必需品です
※3 気温低下時に備えてアクリルの手袋やニット帽を用意しておくと安心です
※4 雨具のジャケットはウインドブレーカーとしても使えますので大変有効です
※5 雨具と共に「レイングロープ」の携行をお奨めします
※6 晴天時でも水たまりやぬかるみ・朝露などに備えてご用意されることをお奨めします
※7 ルートによってはツエルトとシートを両方携行されることをお奨めします
※8 チェーンスパイクは製品によって商品名が異なりますのでご購入の際はご確認下さい

*服装・装備についての詳細は登山用品店でご相談下さい

電子メールでのお問合わせはこちらから
(お返事に時間がかかりますのでお奨めいたしません)

〒404-0022 山梨県甲州市塩山上萩原2367 雨宮方
 当舘直通 090−3149−0964 連絡所 0553−33−4641

このサイト掲載の素材・内容などを、複製・加工・修正・販売することは固く禁止します
Copyright(C) LODGE-CHOUBEI, All Rights Reserved.